2019年11月20日水曜日

理想の求人などない!未経験者が介護施設へ入るための心構えとは?

日本においては歳を取れば取るほど、転職するのが難しくなります。

理由はいろいろありますが、おおきなものを2つ紹介しておきます。

ひとつめは求人を募集する側の問題。

皆さんもご存じの通り、組織はピラミッド型で上に行けば行くほど年齢が上がる構造です、ある程度年齢があがれば課長とか部長のポストが必要になり、そのポスト自体が希少になります。

もう一つの理由は、転職者側の問題。

通常仕事を続け年齢が上がるほど経験やスキルが積みあがり、転職する際もそのスキルを活かそうと同じ業界、同じ職種にこだわるため、選択肢を自ら狭めている状況が起こっています。

更には築いてしまった生活基盤を崩すことは難しいため、転職先にいろいろ条件を求めてしまいます。

たとえば、


  • 業界や職種は、自分が経験したことのある業界職種
  • 勤務地は、現住所から少なくとも2時間以内
  • 役職は、現状維持かあわよくばプラスアルファ
  • 年収は、現状維持かあわよくばプラスアルファ欲しい

となるわけです。

これらは内定を貰う以前の話ですが、職場に入った後には、煩わしい人間関係や「聞いていた話と違う」現実に襲われることにもなります。

これらの条件をすべて満たす求人こそが、いわゆる理想の転職と呼ばれるものですが、全ての条件を満足させてくれる求人はそうそうありません。

万が一そのような求人があれば、応募が殺到し書類選考すら通らない状況になってしまいますよね?

転職先にもあなたと同年代、同じレベルのスキルを持った職員がかならずいます。

彼ら彼女らが貰ってもない年収を提示されたということは、それすなわち彼らよりも施設に貢献できる人材と採られたわけですから、現職者からのやっかみも考慮に入れなければなりません。

未経験者は基本的にイチからの出発ですが、前職の経験やスキルは必ず介護の現場でも応用可能ですから、諦めずによさげな求人を探してみてください。

2019年11月13日水曜日

必見!未経験者が介護リーダーになるための素質は孤独を愛せる人

未経験で転向するには遅すぎる業界がある一方で、そうでないこの介護の世界もありますよね?


40代近い年齢でこの業界に来た私でさえ、遅咲きと呼ばれることはありません。


未経験で介護職に就く人の多くはだいたい40代前半までですが、50代60代でもドライバーさんや清掃員さんとして介護業界に入ってくる人は大勢いらっしゃいます。


私が「兄貴」と慕う同僚の多くが40代半ばから50代前半のオッサン連中ですが、皆さんそれなりに社会人経験がおありなので頼りがいがある存在です。


未経験で入職してリーダーシップを発揮できる人はハッキリとした特徴があります。


組織は基本的にトップダウンで物事を推し進めますが、リーダーにとって一番大事な役割は大きな決断をできるか否か。


前例があれば別ですが、決断はつねに危険が付きまといますよね?


実はやってみなければ分からないし、素質のない人は後から「こうすればよかった」とか「自分なら絶対にこうした」と言うことが多いのが事実。


施設長や管理職が不在の時ほど何か起きるのは世の常。


こういう「何も起こってほしくない時」ほど誰も決断できないし、かといって20代30代の無責任な決断に身を委ねることもできない。


彼らの多くが多数決で物事を決めようと、自分一人で決断を下しもし間違っていた場合にはみんなで痛みを共有しようと考えます。


モノや機械を扱う製造業であればそれでもOKですが、この介護業界では人様の命を守らなくてはなりません。


多数決で意見を言い合っている間に、時は刻一刻と過ぎていきます。


その中にあって、やはり我々中高年は、それ相応の修羅場をくぐってきた人が多いのか、プレッシャーを感じつつも大きな決断をする時には頼れる存在です。


未経験者であろうが、あなたはサラリーマン生活は送ってきましたよね?


専門的な助言することはできないまでも、重要な局面を迎えた時は年の功を活かして、アドバイスしてみてください。

2019年11月12日火曜日

介護業界の独自ルールについてこれるか?この世界で上手くやっていく方法

介護サービスってピンからキリまでですが、案外小さい事業所でいろいろ任されてしまうこともあるので戸惑ってしまいます。


私自身、前職では100人規模の工場で働いて職制が細かく決められていましたから、やらなくていい仕事はかなりあったと記憶しています。


ところがどっこい、この業界に着た途端やったこともない役所への申告をやらされて驚いてしまったことがあります。


もちろん、前任者がいて彼ら彼女らに任せると効率的なハズなんですが、「これも経験」と右も左も分からない状態でやらされた記憶。


今となっては、役所の担当者と何度もやりとりした経験が活きて度胸がつきましたが、私と同じように大企業から小規模な介護施設に移った人の多くが、会社の規模のギャップに苦しむハメになります。


介護業界は新しい業界ですが、意外にも独自ルールが多く存在し、戸惑います。


私の同僚の中には、某企業の重役だった人や、とあるホテルの支配人をしていた人もいるのですが、ひとりで何役もこなさなければならない職場にはずいぶん苦労したそうです。


大企業や有名企業でバリバリやれたから、こんなちっぽけな施設でも活躍できると考えると、転職は失敗に終わります。


大企業でのチームプレーと、介護施設でのチームプレーは全く別次元のものですし、経費精算や雑用も全てこなさなければなりません。


効率重視の職場から、効率とは程遠い介護業界に来ればストレスも溜まるでしょうし、煩わしいと感じる点はいくらでも出てきます。


10年この業界にいる私でさえ未だ違和感を感じることが多いのです。


転職をした後に「こんなハズじゃなかった」と後悔する前に、会社の規模が小さくなったらどう動くべきか?同僚とどうやってチームワークを保っていくべきか?考えなければなりませんね。

2019年11月11日月曜日

企業風土は理解できますか?ミスマッチが起こる前に考えなければならないこと

企業風土で多いのがトップダウン方式ですよね?


逆にあまり聞いたことはありませんが、ボトムアップって方式もないわけではありませんし、ミドルアップと呼ばれる中間型のマネジメント方式はそこそこ見受けられる。


スーパーでよく見る方式なのですが、私が通っていた大学の創始者である中内功氏が提案したと言われています。


現場や中間層に権限を与えると人が育ちますから、この介護業界でも多く採用されています。


リーダーに権限を集めすぎると独裁政治が始まってしまうので、現場職も個々にアイデアを出したり、職場改善をする機会が与えられていますよね。


でも、この方式についていけない人たちがいることを忘れてはいけません。


そう、他業界からの転職者です。


私はもともとミドルアップの企業に勤めていて、提案や職場改善することに全く抵抗なくついていけるのですが、トップダウン方式の企業からの転職者は相当とまどってしまいます。


30年間会社の歯車として働いてきた私の同僚は、「社長であるトップの発言は神の発言と同じ」感覚が未だに抜けず、発言すること自体躊躇してしまうそうです。


つまりYESマンであるからこそ出世できるその世界で最高に優秀な営業マンであっても、ミドルアップ的な雰囲気の介護業界では、やっていけないのが現実です。


ミドルアップを嫌う一部の若者たちは、高い志を掲げてベンチャー起業。


完全にボトムアップ方式の企業を作り上げ楽しくワイワイやっていますが、あまりにもアイデアを押し出し過ぎると、現場が混乱して収集が付かない状態になりがちと言われています。


アイデアを出して認められたいと思う気持ちは誰しも同じですが、ボトムアップの職場であれば全部が全部認められると思ってしまう若者が増えてきそうで、少し身震いがしてしまった私でした。

施設勤務が肌に合わないならベンチャー起業も悪くない!忍耐強く集客しよう

一昔前はベンチャー企業と言えば、危険な香りがする働き方でしたよね?


大手企業でも倒産するこの時代において、ベンチャー企業で働くことやベンチャー企業は珍しくなくなってしまいました。


この介護業界においても、若く野心に溢れる20代30代が次々とベンチャー起業して名を馳せています。


割と簡単に補助金がもらえ、起業しやすいのが介護ベンチャーの良いところですが、日本の社会で営利活動をするからには日本のビジネスルールに習わなければならないと理解しておきましょう。


私たち介護施設の顧客はご高齢者ではありますが、施設や備品の購入先は一般企業ですよね。


いくら斬新なサービスを展開して世の中の賛同を得たとしても、それを周りの企業や自治体が認知してくれないことにはビジネスとして成立しません。


日本は島国ですから新しいものに対して敵対心を生みやすく、なかなか認めてもらえないのが本当のところです。


ですから、もし新しいビジネスを始めても忍耐強くビジネスしていかなければ、足元を掬われます。


老人介護施設ではできなかったことを、自分たちの理想郷で叶えようという心意気は立派ですし、雇われるのではなく自分たちで創造していくその志の高さは称賛に値しますが、
仕事である以上、ビジネスルールに従うのは当然のこと。


若者は勢いがあるものの、はやり解決しなければならない課題の解決力がありませんし、施設勤めなく起業してしまった介護職もいるぐらいです。


理不尽な社会人経験は忍耐力を付け、その解決のための努力が身に付きますが、できるのとできないのとではビジネスの行く末に大きな影を落としてしまいます。


そこで登場するのが私たち30代40代の中途採用者です。


介護職としての経験は少ないものの、彼ら彼女らのサポートや経理・総務・人事などの裏方を一手に引き受けることもできます。


私も一度誘いを受けたことがありましたが、年収の折り合いがつかず断念した苦い思い出がよみがえります。


そうして独立した彼らは、3つの介護施設を運営する経営者になってしまいました。


あの時、年収を我慢して話に乗っていればと悔やむときもありますが、当時の私にはその勇気はなかったんでしょうね。

2019年11月10日日曜日

その転職をちゃんと家族に相談できますか?未経験者が陥りがちな罠とは

未経験者でも温かく迎え入れてくれるのが、この介護業界のいいところですよね?


介護業界にやって来る未経験者の多くが志が高く、自分も何か誇れる人生を送りたいと考えていますが、その熱意を家族にちゃんと伝えている人は少ないようです。


未経験で介護職ともなれば最初はどうしても低賃金は避けられませんから、嫁ブロックされて当然ってケースも少なくありません。


転職活動は普段の夫婦生活が円満かどうかで大きく左右されることを、もっとちゃんと理解すべきです。


特に、私と同年代であればそこそこ給料をもらっていたでしょうし、地位も築いてきたでしょう。


その彼彼女が介護職に転向したいと言い出した時のご家族の衝撃は、計り知れないもとの推測できます。


ですから、家族が望んだ場合を除き、嫁や夫の賛同を得られるかどうかがカギとなってきます。


転職エージェントの多くが「今日ここに来ることはご家族はご存じですか?」と聞いてくるのは、本人以外の家族がどれぐらい関わっているのか探っているのです。


家族に迷惑をかけまいと転職の事実そのものを隠している方も大勢いらっしゃいますが、最終的には家族に伝えなければなりませんし、後になればなるほど気まずくなるのは目に見えています。


現職に不満があったり、能力を発揮できず追いやられている場合や、私のようにリストラされた人は余計「男のプライド」が邪魔して言いにくいはずですよね?


男のプライドは私も同じですが、何かを隠して転職活動を進めると罪悪感で判断が鈍りますし、夫婦間で情報が共有されないまま最終局面を迎えると、せっかく努力して内定を掴んだのにと余計な後悔がつきがち。


妻にしてみても、突然降ってわいた転職話に理解を示してくれる女性はそう多くないはずです。


普段から会話がないのであれば仕方がありませんが、それ相応に良い夫婦関係であればプライドを捨ててパートナーに相談してみてください。


勇気を出せば怖いものではありませんよ。

2019年11月8日金曜日

未経験者は自分の肌に合う施設に巡り合うまで諦めないで欲しい私の思い

介護業界には業界なりの文化や習慣がありますが、それぞれの介護施設ごとにも独自の文化が根付いているので面白いと感じます。


IT業界は若くてブラックなイメージが先行していますが、介護業界は女性が多く人間関係が複雑ってイメージが根付いていますよね?


確かに、医療介護業界は女性中心ですからそう思われても仕方がありませんが、介護職だったら全てが全てそういう法則には当てはまりません。


これがいわゆる企業文化の違いとか、企業カルチャーショックと呼ばれるもの。


私自身、複数の介護施設の転職経験はありませんが、総務人事としてそれなりの施設の経験はさせてもらいましたが、同じ企業が経営する介護施設であってもその文化はかなり違います。


いい悪いは別として、介護職に就くのであれば、自分と合う合わないかを即座に体感するよう心掛けてください。


合う合わないの他にも、有料老人ホームと特養では経営戦略そのものが違います。


初心者の方に多いのですが、有料老人ホームの雰囲気や経営方針に合わなかったからとって即自分は介護職に合わないとやめないで欲しい。


未経験で入職した職場は何もかもが真新しい世界ですが、第六感といいますか、肌に合う合わないは必ずありますし、長く勤めれば勤めるほどその違和感は必ず大きなものになっていきます。


最初に入って施設で骨をうずめると考えるのではなく、2,3件勤めてみて全く合わなければまた別の業界にもどればいいぐらいの温度でいてくださいね。


この業界はまだまだ若いので、外者であってもすぐに打ち解けられる雰囲気はどの施設も同じです。


私も随分と長い間打ち解けられずに、製造業ではああだったこうだったと中々世界に馴染めませんでしたが、元製造業、元運輸業、元IT、元販売業など様々な業界の人間が集まった業界です。


自分から心を閉ざさなければ、かならず輪に入っていけます。


私みたいな人見知りする人間でも、今や地域の会合に出席させてもらえるようになりました。


人間やってみるものですね。